古書の買取りは古本屋ではなく、古書專門の業者へ!

電卓を持っている男性

意外と身近に

電卓とお金

本を売る際は、ドコに売るのかをしっかり考えてからにしましょう。写真集や初版本など、一目見ただけでは高価買取対象なのか判断しにくいものがあるので、とにかく古い本は査定してもらいましょう。

宅配と出張

ブタの貯金箱

古書買取リに関しては、出張査定を利用するのがオススメです。状態を損なうことなく、最高の状態で査定してもらいましょう。出張できないくらい遠方の場合は、宅配査定も利用できます。

古書は専門業者へ

お金のジェスチャー

とても簡単に古書を買取りをしてもらえます。気になる場合はこのサイトをチェックしてみましょう。

みなさんは本を読んだあとはどうしますか?全て保管しておいて、定期的に読み返すという方もいれば、どんどん売って新しい本の購入資金の足しにするという方も多いのではないでしょうか。本を売るということは非常に一般的になりつつあるのですが、普通の本ではなく、古書を売る際には注意をする必要があると覚えておきましょう。
古書とは、すでに絶版になっており、書店で買えなくなって久しいものを指します。古書に関しては新しく刷られて発売されることもありませんので、プレミアが付いて定価よりも高くなりがちです。古書には熱心なコレクターもたくさんいますので、珍しい本の初版だとかなりの値段がついたりもします。
中には歴史的価値の高いものもあり、国宝級の扱いがされる場合もありますので、古本ではなくて古書を買取りしてもらう際は細心の注意を払う必要があります。

本を売るなら、今やどの街にもある古本屋を利用しようという方が多いのですが、大手の古本屋は発売された時期で買取り金額が決まりますので、価値のある古書でも10円買取りと言うことがざらにあります。実際にその特性を利用して「せどり」を行う方も大勢いますので、大手古本屋で古書を買取りしてもらうのは非常にリスキーだといえるのです。
だからこそ、古書の買取りは專門の買取り業者に依頼しましょう。專門の買取り業者なら古本屋の10倍以上の値段がつくこともありますので、必ず利用してください。家の蔵に眠っている古い本が、実はお宝という可能性もありますので、むやみに売らないようにしましょう。

後世に伝える

お金のイメージ

古書収集家にとって最大の悲劇は、コレクションを価値の分からない人間に捨てられてしまうことです。そうなるくらいなら他のコレクターに渡ったほうが幸せなので、古書の価値が分かる買取リ業者を利用しましょう。